Qitailang's HP > Esperanto > 字上符号付き文字関連ツール

Filtrilo:HTMLエスペラント代替表記→字上符文字変換フィルター

代替表記 Cx/Ux方式、C^U^(~)方式、Ch/W方式(混合可)で書かれたHTMLを、字上符文字に変換して表示することができるJavascriptライブラリです。 すでに代替表記で書かれたHTMLを使っている方は、ほんの少し書き換えるだけで字上符文字で表示されるページにすることができます。 HTMLをあらかじめ変換してからアップロードする場合は、一括変換ツールをお使いください。

Ekzemplero

CX, Gx, HH, J^, SH, U~, W → CX, Gx, HH, J^, SH, U~, W
<html lang="eo">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=
UTF-8">
....
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.10.2/jquery.min.js"></script>
<script src="http://qitailang.small.jp/eo/js/eo_out.js"></script>

</head>
<body class="eo">
<div>
<span class="en">CX, Gx, HH, J^, SH, U~, W → </span>CX, Gx, HH, J^, SH, U~, W
</div>
</body>
</html>

- 文字コードは UTF-8 である必要はありませんが、必ず metaタグで定義しておいて下さい。
- Javascriptファイルを2つ読み込みます。
- 字上符号文字を使う範囲を <タグ class="eo">.....</タグ> で括ります。タグ名は何でもOKです。サンプルは body を指定しています。(body に限りclass="eo" を省略できます。)
- 例外的に変換しない範囲を<タグ class="en">.....</タグ>で括ります。
- Ch/W 方式は変換しないものもあります。eo_out.js → eo_out_no_hw.js

参照サイト:タグの外側だけ変換するのが難しかった〜 (;´ρ`)
http://freefielder.jp/blog/2011/06/javascripthtml.html