1. Qitailang's HP
  2. Esperanto

受動態と動詞型

基本的に受動態表現では能動態の直接目的語が主語になる。

日本語では、能動態の直接目的語が主語にならない場合がある。

前者のような場合を間接受動といい、後者のような場合を与格受動というそうである。
日本語だけでなく、間接受動や与格受動の形式が存在する言語もある。例えば英語では下のように日本語と同じ構造になる。

しかしエスペラントではこのような形式の受動態は許されず、あくまで直接目的語が主語に置き換わる。

上の受動態の文は文法的には正しいかもしれないが、意味的にはいくらか自然な感じがしなくもない。何らかの方法で表現を変える方が自然かもしれない。

上のような文が正しい表現かどうか確信がないが、行為の対象者を主語にした方が自然な表現のように思える。pri (など?)を接頭辞的に付けると目的語を変えることができるようで、diri pri ĝi → pridiri ĝin(それを考える, ĵeti al li ŝtonon → priĵeti lin per ŝtono(彼に石を投げつける)、といった表現が可能だ。ここでは pridonaci としてみた。出典を忘れたが、確かに pridonaci を使った文を見たことはある。

受動態に関連して気をつけなけらばならないことは、動詞の型である。ここでいう型とは、ある動詞が何を直接目的語にし、何を間接目的語にとるかという意味である。つまり、日本語で「A に B を〜する」という意味の文が、エスペラントでは B が直接目的語にならず、A を直接目的語にする動詞があるということである。「〜に」以外のものが直接目的語になる動詞もある。

当然ながら上の文を受動態にするときは体格語尾が付いているものが主語に置き換わる。

使役表現の場合、日本語の「A は B に C をさせる」はエスペラントでは、下のように2通りの表現ができるので、ややこしい。受動態はこうなる(のかな...)。後者はちょっと意味的に苦しい表現のような気がするが...

(al)trudi(強いる) は trudi al iu の形もあるようだが、igi(接尾辞でなく自立した動詞として), devigi は常に人が目的語になるようだ。(Tekstaro で一致する表現が見つからなかっただけなので、あり得るかもしれない)

未稿


  1. このページに関するご感想・ご質問などをお書き下さい。
  2. タグは使用できません。
  3. パスワードを設定しておくとご自信の投稿を削除できます。
  4. 当サイトにふさわしくないと判断した投稿は管理者がことわりなく削除することがあります。
お名前
パスワード 英数字8文字以内
件名
C^U~ ^C~U CxUx Ch,w Ignori