1. Qitailang's HP
  2. Esperanto

冠詞

冠詞は使わなくてもよい

Fundamenta Gramatiko de Esperanto(エスペラントの基本文法)

B. Reguloj (規則)

Artikolo nedifinita ne ekzistas; ekzistas nur artikolo difinita (la), egala por ĉiuj seksoj, kazoj kaj nombroj. Rimarko. La uzado de la artikolo estas tia sama, kiel en la aliaj lingvoj. La personoj, por kiuj la uzado de la artikolo prezentas malfacilaĵon, povas en la unua tempo tute ĝin ne uzi.

不定冠詞は存在しない。定冠詞 la があるのみで、どの性,格および数においても同じである。 註.冠詞の用法は他の言語と同様である。冠詞の使用が困難な人は初めのうちは一切用いなくても構わない。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~shu-sato/esp20.htm

エスペラントには不定冠詞(英語の a )はありません。定冠詞 la(英語の the )のみがあります。
エスペラントでは、冠詞の使用は強制ではありません。
定冠詞の使い方は日本人にとっては難しいものです。ですから、エスペラントでは、定冠詞の使い方に自信のない人は使わなくてもよいことになっています。*1

*1 Rimarko de Ida : これは、いわゆる16条の文法 (Gramatiko de Esperanto B-1[註])に明記されていることだ。ところが多くの入門者が利用すると思われる、ネットワーカーに贈るエスペラント語入門講座英語から入るエスペラントドリル式エスペラント入門Web版 エスペラントの鍵などの学習教材にこのことがちゃんと書かかれていなかったりする。作文添削などでも、冠詞を省略すると、(冠詞を用いない表現を示さないまま)減点になったりするようだ。これは良くないことだと思う。いんみ〜さんは、このことを最初に明記した上で、しかも上記の教材などと較べると、最も詳しく、また分かりやすく説明されている。このページをスクラップしたのはそのためだ。

ザメンホフは Fundamenta Krestomatio の Ekzercoj の§16 にも、冠詞について以下のように書いている。

La personoj, kiuj ne komprenas la uzadon de la artikolo (ekzemple rusoj aŭ poloj, kiuj ne scias alian lingvon krom sia propra), povas en la unua tempo tute ne uzi la artikolon, ĉar ĝi estas oportuna, sed ne necesa.

冠詞の使用法を理解できない人(例えばロシア人やポーランド人で母国語以外の言葉を知らない人)は、始めのうち冠詞を全く使わなくてもよい。というのは冠詞は便利ではあるが必要ではないからである。

冠詞の使い方

http://www5b.biglobe.ne.jp/~shu-sato/esp20.htm

定冠詞の使い方の難しさを理解してもらうために、日本語の助詞の「が」と「は」の使い分けの難しさで説明しましょう。

たとえば、次の文を見てください。

「昔、昔、ある所におじいさんとおばあさんがおりました。おじいさんは柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。おばあさんが、洗濯をしていると、大きな桃が流れてきました。おばあさんはその桃を家にもってかえりました。」

この文の「が」と「は」を入れ替えてみましょう。

「昔、昔、ある所におじいさんとおばあさんはおりました。おじいさんが柴刈りに、おばあさんが川へ洗濯に行きました。おばあさんは、洗濯をしていると、大きな桃は流れてきました。おばあさんがその桃を家にもってかえりました。」

何か不自然な感じがします。しかし、なぜ不自然かを説明するのは、難しいです。日本人にとっては、この使い分けは、自然に身に付いているものなので、理屈では説明しにくいのです。

冠詞の使い方も、ヨーロッパ人にとっては、自然に身に付いていて、定冠詞を使うべき所に使っていなかったり、使ってはいけない所に使うと、不自然な感じがするのです。

間違った使い方をするよりは、使わない方がよいのです。冠詞が無くても読む側が補ってくれるからです。たとえば、上の例文を助詞なしで書いてみましょう。

「昔、昔、ある所におじいさんとおばあさんおりました。おじいさん柴刈りに、おばあさん川へ洗濯に行きました。おばあさん洗濯をしていると、大きな桃流れてきました。おばあさん、その桃を家にもってかえりました。」

間違った使い方をした文例よりは、不自然さはありません。

定冠詞は、話し手と聞き手の間で、話題にしている物について、既に共通認識がある場合、普通名詞に付けて、固有のものを表すとき使います。

  1. はなしの中で

    前に出てきたものだったり(「その」という意味)、
    会話している同士の間で、何のことなのか分かっていたり(「例の」という意味)
    目の前にあるもの(「この」という意味)に使われます。

    la hundo (その犬)

  2. 1以外で突然、定冠詞が出て来ると、それが唯一のものであることを指します。

    la suno 太陽

    太陽は世の中で一つ。

    Li estas la lernejestro en mia lernejo. 彼は私の学校の校長です。

    校長は私の学校に一人。もし、la がないと校長が何人かいて、そのうちの一人という意味になる。

    定冠詞の他にも、似たようなことが、人称代名詞の所有形にもみられます。たとえば、

    My friend came to see me yesterday.

    という英語の文は「昨日、私の友人が会いに来ました。」という意味ですが、英語を母国語とする人には、その人には友達が1人しかいないという不自然な感じがするそうです。日本人には分からないニュアンスです。何人かの友達のうちの一人が来たといいたいときは、

    A friend of mine came to see me yesterday.

    と言います。my friend は 定冠詞の用法に似ていて、はなしの中で前に出てきたり、会話している同士の間で、誰のことなのか分かっている場合に使われます。ですから、それ以外で突然 my friend と出てくると、the sun などと同じように1人しかいないように感じるのです。次の場合には、1人しかいないようには感じないようです。

    John came to see me yesterday. He is my friend.

定冠詞の使い方は上記に挙げた原則の通りなのですが、実際の文の中で、どの場合に当てはまるかは、いくつかの文例を通して慣れるしかありません。

[Ida註] 同格1:紛らわしいが文法上、正確には同格 apozicio とは違い指名語 nominacio というようだ。なぜなら、Mi vidas la monton Asama のように、格を変えて併記することがあるから。

http://plaza.harmonix.ne.jp/~sakat/72sakubun.htm

物語などの冒頭に La kastelo staris meze de la dezerto(その城は砂漠の真ん中に立っていました)のように,いきなり冠詞付きの名詞が出てくることがあります。これは「導入の定冠詞」と呼ばれる冠詞で,物語などを書くときの技法のひとつです。文法の問題ではありませんから,普通の文章を書く上では必要な知識ではありません。そういう表現に出会ったら「導入の定冠詞だな」と気づくように記憶の片隅に留めておくだけで十分です。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~shu-sato/esp20.htm

定冠詞が使えない場合

人称代名詞の所有形(mia 等)、指示詞(tiu 等)、ambaŭ と共に冠詞を使うことはできません。

la mia libro

とは言いません。

これらの単語と定冠詞は合わせて限定詞と呼ばれていて、固有のものを表すときに用います。my friend が限定的な意味を持つのは、my が限定詞であり、定冠詞の機能をあわせもつからです。限定的な意味を持たせたくないときは、英語では a friend of mine 、エスペラントでは、amiko el la miaj または unu el miaj amikoj と言います。

[Ida註] "la mia(j) 〜" とは言えないが、une el "la miaj" とは言えるというのは少し分かりにくい解説だと思う。 "la miaj" というのは "〜" の部分が暗黙に理解できるときの表現であって、そのニュアンスを出すために la を加えてもよいということであろう。ただし la が必須というわけではない。[参照]

ここで限定詞という用語が出てくるが、PMEG によると la、所有代名詞(代名詞所有形)、-u -a -es で終わる相関詞、ambaŭ、(unu) のことを言う。