記事一覧

windows7をカスタマイズした点

中古で12インチのLet's Note(OS Windows7)を買ったのですが、今までに自分なりにカスタマイズした点を挙げてみます。

1. Mactypeを入れてシステムやアプリケーションのフォントのギザギザをなくしました。

続き

Mactypeを入れてもアンチエイリアスが効かないアプリについてはどこかに情報があるでしょう。

また今後自分が使おうとするアプリでMactypeとコンフリクトするものもあると思いますが、アプリによってMactypeの適用を除外できるということが分かったので、安心して使えそうです。

2. Windows用のOsakaフォントを入れました。

Windows用のOsakaフォントをダウンロードできるサイトがあったので入れました。

Osaka-等幅を使いたかったのです。AAが乱れるからという訳ではありません(笑)取りあえずアルファベットのオーと数字のゼロが区別がつく書体が他にないからです。

配布されているものは何種類かありますが、中にはAAが主目的で、わざわざゼロの斜線を除いたものもありますので、利用される方は注意が必要のようです。

次にCSSでfont-familyの指定の際、欧文フォントと日本語フォントを混合させない方がよいということがあるそうで、それなら日本語フォントで等幅を指定した方がよいのではないかということです。勿論閲覧者のPCにOsaka-等幅が入っていないと意味ないですが...

3. VisualStyleでWidowsのウィンドウ周りの色やデザインを変えました。

ケバイ色使いが嫌いというのもありますが、ウィンドウの枠やメニュー周りはできるだけ有彩色でないほうが良いと思うからです(モノトーンの方がどんな色使いのコンテンツとも調和する)。

Windows7のアプリはメニュー部分が青みがかっているのが多いので、そこはガマンしないといけないのですが、できるだけ枠まわりの色使いをハデにしたくないというのが理由です。

4. あとは使い勝ってのことですが、これはまだどうしたら良いのかわかりません。何かと慣れていないせいもあるでしょうが、目的のための設定やら、ファイルへのアクセスが悪いです。

エスクプローラでファイルのツリー表示もできるようですが、切り替えがクリック一発でできない設計はなぜでしょう?フリーのファイラーも探してみましたが、もひとつ好みのものが見つかりません。


メンズビジネスバッグは機能性とファッション性で選ぶのがポイント
http://www.sirasaki.co.jp/hajimari/diary.cgi
http://www.koshuya.com/may/wp-includes/fonts/diary.cgi
http://gaku-nan.co.jp/cgi-bin/diary.cgi
https://fujikawa.usumelonkaidou.jp/wp-includes/fonts/diary.cgi
http://www.websp01.com/diary.cgi
http://okinawa-marathon.com/lightview/css/diary.cgi
https://ryuooso.cup.com/BBS/cgi/diary.cgi
http://shutterbug.lomo.jp/info/blog/diary.cgi
http://hetta-chitose.com/wp-includes/SimplePie/diary.cgi

今のままだと結構ストレスがたまりそうですorz

COMMENT